車やバイクの情報・ニュースのまとめです。

ホンダ・アキュラ の最上級サルーン RLX に新世代ハイブリッド…いよいよ米国発売 またもやDCT+HV

アキュラ
1: 車ライフ速報 2014/09/29(月) 14:25:23.81 ID:dQsetIEb0 BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
no title

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは9月26日、米国市場において、『RLXスポーツハイブリッドSH-AWD』を発売した。

アキュラは2012年秋、ロサンゼルスモーターショー12で新型車の『RLX』を発表。RLXはアキュラブランドの最上級サルーン。
先代『RL』(日本名:ホンダ『レジェンド』)の後継車。そのハイブリッド版として2013年11月、ロサンゼルスモーターショー13で発表されたのが、RLXスポーツハイブリッドSH-AWD。

同車には、ホンダ独自の高性能ハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用。スポーツハイブリッド SH-AWDは、
エンジンをアシストするモーターとは別に、インホイールモーターを加えた合計3個のモーターで構成するハイブリッドシステム。
ホンダが現在、開発を進める次期『NSX』の技術が応用されている。

次期NSXでは、ミッドシップに置かれたエンジンが後輪を駆動し、フロント左右のインホイールモーターが前輪を駆動する。
一方、RLXではこの配置が逆転。フロントに置かれたエンジンが前輪を駆動し、リア左右のインホイールモーターが後輪を駆動する。

RLXスポーツハイブリッドSH-AWDでは、3.5リットルV型6気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンに3個のモーターを組み合わせて、トータル出力377hpを引き出す。
システムの詳細は、3.5リットルV型6気筒ガソリンi-VTECエンジンが、最大出力310hp。モーターの最大出力は、リア側の2個が各37hp、フロント側が48hp。
新開発の7速デュアルクラッチは、フロント側のモーターと一体設計。フロントモーターは前輪を駆動するとともに、減速時には回生ブレーキとして作動する。
二次電池は、リチウムイオンバッテリー。

また、米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地が約11.9km/リットル、高速が約13.6km/リットル、複合モードが約12.75km/リットル。
米国ベース価格は、5万9950ドル(約655万円)と公表されている。
http://response.jp/article/2014/09/29/233611.html

引用元: ・アキュラ の最上級サルーン RLX に新世代ハイブリッド…いよいよ米国発売 またもやDCT+HV

3: 車ライフ速報 2014/09/29(月) 14:27:30.68 ID:FgOXBlxW0
どうせアコードでかくしただけだろ

4: 車ライフ速報 2014/09/29(月) 14:31:28.52 ID:7RXnZh2D0
リコール技術てんこ盛り、市販車は実証実験機

5: 車ライフ速報 2014/09/29(月) 14:33:50.58 ID:B82Epmb70
うわあ、だせぇ

10: 車ライフ速報 2014/09/29(月) 19:16:01.61 ID:+lmNczK90
大衆車と似たようなボディラインでそんな高いのか
価格決めた奴馬鹿だろ

NURO光はキャッシュバックキャンペーン開催中
PICK UP NEWS

関連記事

おすすめ記事2

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored

光コラボのお申し込み

Twitter

@carholder1

更新情報などつぶやいています。
よければフォローお願いします(*^_^*)