車やバイクの情報・ニュースのまとめです。

自動車の、車両保険って実際いらないと思う

事故をした自動車
73: 車ライフ速報 2014/08/21(木) 20:58:55.02 ID:PaZ735tu0
今回の福知山や広島ような自然災害は、車両保険の最大のメリットだね。

だけど、私は20年来、車両保険は入らない主義を貫いている。
軽微な破損なら、等級が下がることによるマイナスのほうが大きいから、自費になる。
大きな破損の場合にはじめて、保険を使うことになるが、
その場合でも、免責保証額プラス等級ダウンの費用は自己負担。
対人対物無制限は、支払いができない場合に相手に迷惑を掛けることになるので、
運転する者の社会的な義務だと思って加入しているが、
例え新品車両が全損しても自分が困るだけだし、再起困難な被害ってこともないし。

引用元: ・自動車保険どうしてる?part57

75: 車ライフ速報 2014/08/21(木) 21:07:49.50 ID:wbNUikW60
>>73
合理的に考えれば車両はいらないってのが正解
あとは精神的な面での効能だね

今は新車なんでいきなり全損したら精神的に凹みそうだから車両つけてるが
2年ぐらいしたらはずす。

76: 車ライフ速報 2014/08/21(木) 21:13:29.03 ID:NH5oJoAp0
そんなことより、今回の福知山や広島ような自然災害で車両保険が使えるのか。

78: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 00:19:41.94 ID:KxqeLWqT0
>>76
約款みたいな細かいとこまで読まなくても、洪水で出るのは分かりやすく書いてある。
土砂崩れは見当たらないけど、洪水扱いで出ると思う。

別扱いで出にくいのは、地震、噴火、津波かな。

79: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 01:15:55.77 ID:aJufa9DE0
車両保険の加入に関しては
意見の分かれるところであるが
俺は加入しててかなり助けられたよ

一回目は
新車購入後、4年目に盗難に遭う
二回目は
新車購入後、11年目に車上狙いに遭いドア等を壊される

両方であわせて保険金が約180万円おりた
この間の車両保険料は15年間で約75万円

保険に損得勘定を持ち込むのはナンセンスではあるが
充実した保険に加入することにより
精神的に楽になれるのは間違いないね

ちなみに加害事故を起こしたことは
幸いにしてありません

80: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 01:34:34.94 ID:QIRYesme0
>>79
その使用頻度・額でも、おそらく最高レベルに車両保険を利用した客になるんだと思う。
そういう客であってはじめて、金銭面でプラスになるということは、
大多数の客は少なくとも金銭面では大きなマイナスになることは共通認識だよね。

精神面での安定っていうのは個人によって大きく違う要素なのでどうこう言う気はないが、
私は、保険というのは、例え損害×確率<<<保険料だったとしても、仮に損害が発生した場合には、
それが自らの再起を不能あるいは著しく困難にするような場合に、再起不能の可能性を回避するためにあると思っている。
だから、最悪の場合でも車を失うだけの車両保険の場合は、単純な金銭の損得勘定で損だと判断している。

81: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 02:03:23.99 ID:KxqeLWqT0
>>80
考え方はその通りだけど、著しい困難に陥る額は各自の経済力で異なる。
だから車両保険が必須な人も居るというだけ。
ただし、そのくらいに貧しい人は車両保険に掛けるお金すら惜しい生活なんだろうね。

82: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 02:39:02.47 ID:R3Fvvpvw0
免責については相手から修理費が最優先で免責額に充当されるよね?
相手にちょっとでも過失があれば免責って実質ゼロになりそうな気が。

83: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 08:06:12.49 ID:Hwm4U+Na0
>>82
その通り

95: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 22:02:21.55 ID:KxqeLWqT0
>>82
>>83
俺の認識とは違うな。
免責分に回す事は出来ても、回した分は修理費が不足するから回す意味が無いと思うが。

96: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 22:15:24.72 ID:Hwm4U+Na0

97: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 22:25:02.69 ID:KxqeLWqT0
>>96
ありがとう。
勉強になりました。

84: 車ライフ速報 2014/08/22(金) 08:22:49.44 ID:QIRYesme0
金銭的に余裕がない(車がないと著しく不便な)人はちょっと無理してでも車両保険に入っておいた方がいいかもしれない。
いくら注意していても自然災害は回避不能な場合が多いから。

ただ、金銭的に余裕がある人にとっては、車両保険は、割の悪い賭けみたいなもの。

NURO光はキャッシュバックキャンペーン開催中
PICK UP NEWS

関連記事

おすすめ記事2

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Sponsored

光コラボのお申し込み

Twitter

@carholder1

更新情報などつぶやいています。
よければフォローお願いします(*^_^*)