車やバイクの情報・ニュースのまとめです。

2014.09.08

2件

純正HID~社外HID DIYまとめ

車のランプ
1: 車ライフ速報 2014/04/05(土) 18:59:36.19 ID:ssOKLAOXi

HIDについてのまとめです。

HIDとはHigh Density Discharge の略で、 ディスチャージランプとも呼ばれます。

一方で通常のランプは、ハロゲンガス等が入った密閉容器内でフィラメントと呼ばれる金属の芯が発熱・発光することで光ります。
元スレ:純正HID~社外HID☆DIY質問、語り合いスレ

3: 車ライフ速報 2014/04/05(土) 19:07:32.29 ID:ssOKLAOXi

バーナーの色調について

基本
 色温度低:○絶対的光量が大きい。特に悪天候時の視認性が良好
       ×ドレスアップとしては今ひとつ
 色温度高:○ドレスアップとしての「蒼白い光」が得られる
       ×暗い。悪天候時はハロゲンバルブのほうが見やすいぐらい
         場合によっては車検に通らないこともある

3000K以下 「黄色」
 雨、霧、雪等の悪天候時に視認性が高い。
 H18年式以降の車両に前照灯として使用すると車検非対応。
3200K
 一般的な純正ハロゲンバルブの公称色温度とされる。
4000K前後 「白色」
 純正HIDによく採用される色温度域。光量が最も大きく、視認性に優れる。
 光量以外では良くも悪くも高効率ハロゲンと差が少ない。自然な着け心地。
5000~6000K前後 「純白色」
 明らかにHIDと判る真っ白な光。多くのメーカーが販売するため選択肢が豊富。
 光量も申し分なく、「白さと明るさのベストバランス」とよく公称される。
6000~8000K前後 「蒼白色」
 このあたりから青みがかった色になり、同時に光量が落ちる。
 特に雨で路面が濡れると暗く感じる。
 車検に通る限界がこのあたりか。検定員の主観で決まるので注意。
8000K以上
 ドラえもん色で車検非対応、公道走行不可。でも売ってるし、取り付けてくれる不思議。
 悪天候時はハロゲンバルブのほうが明るく感じるほどらしい。
 実質ドレスアップ専用と考えるべきか。

4: 車ライフ速報 2014/04/05(土) 19:08:21.86 ID:ssOKLAOXi

★中華を買う時の注意事項

中華KITは色々なパーツメーカーの寄せ集めなのでどのメーカーのKITが良いかとは一概に言えない。
「中華には値段に関わらず当たりも外れもある」
「極端に安い物は外れの可能性が限りなく高くなる」
「H4切り替え式はグレアで対向車の迷惑」
「いつ壊れるか分からないのでハロゲン球はトランクに常備する」

オークションで中華を買う時は

  • 説明文の日本語におかしな点は無いか?
  • 初期不良時の対応の確認(保障期間や返送時の送料等)
  • 出品者の評価を見て{どちらでもない、悪い}が多い出品者は避けたほうが無難。 新規は論外。
  • 海外直送だと送料もバカにならんので国内発送。
  • 出来るかぎり国内にて開封、検品済みの物を選ぶ。
NURO光はキャッシュバックキャンペーン開催中
PICK UP NEWS

関連記事

おすすめ記事2

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Eldora
    • 2016年 8月 09日

    Created the greatest aresclti, you have.

    • Fleta
    • 2016年 12月 29日

    f5Take our politicians: thy2&#8e17;re a bunch of yo-yos. The presidency is now a cross between a popularity contest and a high school debate, with an encyclopedia of cliches the first prize. ~Saul Bellow

Sponsored

光コラボのお申し込み

Twitter

@carholder1

更新情報などつぶやいています。
よければフォローお願いします(*^_^*)